So-net無料ブログ作成

自民、5月決着先送りなら首相退陣を=普天間で与野党幹部が論戦(時事通信)

 与野党の幹部は4日、NHKの番組に出演し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり論戦した。自民党の茂木敏充幹事長代理は5月末までに決着しなかった場合について「(退陣は)当然だ。退陣しないなら国民に信を問うべきだ」と述べ、鳩山由紀夫首相の退陣か衆院解散・総選挙を要求した。公明党の高木陽介幹事長代理も「責任を取るのは当然だ」と強調した。
 これに対し、民主党の細野豪志副幹事長は「首相が5月と強調しているから、それが区切りなのは間違いない」とした上で、首相の対応を見守る考えを示した。
 社民党の重野安正幹事長は移設先について「(県外を)追求してもらわないと困る。問題は沖縄県民の支持を得ているかだ」と指摘。国民新党の自見庄三郎幹事長は「キャンプ・シュワブ陸上案をわが党は提示している。首相が5月末まで決めると信頼している」と語った。 

【関連ニュース】
移設先「閣僚で合意ある」=岡田外相
首相と小沢氏、3日に会談
普天間移設で詰めの協議=首相と関係閣僚が会談
地元の了解「政府に任せて」=岡田外相、米国防長官に約束
北沢防衛相「頭越しに決めない」=普天間で沖縄知事と会談

<NOVA>猿橋元社長の特別背任は不起訴 大阪地検(毎日新聞)
サントリー音楽賞 09年度は指揮者の大野和士さんに(毎日新聞)
<耐震偽装>大阪の建築士手がけた119物件調査 国交省(毎日新聞)
邦夫氏の不参加確認 平沼氏、新党結成で(産経新聞)
変わる百貨店の物産展 ネット通販と連携、格安弁当も(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。