So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

砂像で南アW杯を応援 鳥取・砂の美術館(産経新聞)

 サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の開幕を前にした10日、大会の優勝トロフィーをモチーフにした砂像が鳥取市の鳥取砂丘に登場した。アフリカをテーマに同砂丘で開催中の砂の美術館第4期展示「砂で世界旅行・アフリカ−偉大なる大陸の歩みを訪ねて−」の企画で、来場者らが固めた砂を少しずつ彫って完成させた。

 砂像のトロフィーは高さ約180センチで、実物のトロフィーの約5倍。作業は4日から進められ、延べ約300人の来場者がスタッフのアドバイスを受けながらコテやナイフで慎重に砂を削った。

 この日、最後の一彫りを行ったのは、大阪府枚方市の会社員、今中浩平さん(29)。記念にTシャツとポストカードを贈られた今中さんは「日本代表の活躍に期待している。本物の優勝トロフィーを手にする光景を見たい」と話した。

 砂のトロフィーは、来場者207人から寄せられた応援メッセージとともに、大会最終日の7月13日まで展示される。

【関連記事】
鬼太郎像に着せる衣装募集 鳥取・境港市観光協会
菖蒲綱で力比べ 鳥取・岩美 小中学生ら20人参加
文化財の宿守る苦労 鳥取三朝温泉・旅館大橋
「地域の活性化に」 鳥取・米子市にコミュニティー局
鳥取・境港産マグロ ブランド化へロゴでPR
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

アウディ ルマン車、パワーダウンに空力性能アップで対処
NHK職員が酔って公務執行妨害(産経新聞)
民主党新執行部 樽床伸二国対委員長 若手の信望厚く(産経新聞)
自殺者12年連続で3万人超=実態に応じた対策提唱―政府白書(時事通信)
民主党 参院複数候補区「見直しも」 安住選対委員長(毎日新聞)

ダフ屋グループ8人を一斉逮捕=暴力団資金源か―福岡県警(時事通信)

 プロ野球福岡ソフトバンクホークス戦の入場券を不特定多数に転売したとして、福岡県警中央署などは29日、県迷惑防止条例違反(ダフ屋行為)容疑で、指定暴力団福博会系組幹部森岡哲容疑者(56)=福岡市早良区祖原=らダフ屋グループ8人を逮捕した。森岡容疑者ら3人は容疑を否認しているが、残る5人は認めているという。
 主に無料引換券を入手して、正規料金よりもやや安く販売していたといい、県警は暴力団の資金源になっていたとみて、福岡市博多区の同会本部など10カ所を家宅捜索。チケットの入手ルートや組織的関与がなかったかなどを調べる。
 逮捕容疑は、森岡容疑者らは先月20日〜今月2日、福岡市中央区のヤフードーム周辺で、東北楽天戦など8試合の入場券28枚を、会社員ら14人に総額7万円で販売した疑い。 

【関連ニュース
【特集】波乱万丈 野村克也
【特集】昭和の春「思い出甲子園」〜怪物江川、ドカベン香川、KKコンビ〜
〔写真特集〕野村克也
〔写真特集〕女子プロ野球
明石市職員を逮捕=電車内で痴漢容疑

漢方業界も客も悲鳴 薬の通販規制1年(産経新聞)
<マルチ商法>仮想空間ビズ社捜索 会員「徹底的に解明を」(毎日新聞)
こすると消えるボールペン、三菱鉛筆はキャップで消す「ユニボールファントム」
国交省職員を駅員暴行の疑いで逮捕(産経新聞)
「小沢氏に見限られた」不仲説、首相は否定(読売新聞)

<口蹄疫>大エース感染疑い 畜産関係者に大きな衝撃(毎日新聞)

 口蹄疫(こうていえき)感染は「宮崎の宝」にまで及んだ。感染の疑いが強い「忠富士(ただふじ)」は、感染発生地から離れた畜舎に隔離されていたエース級6頭の種牛の中でもトップ。宮崎からは各地のブランド和牛になる子牛を供給していただけに、他の5頭も感染していれば、全国の畜産業界に大きな影響を与える。県内外の畜産関係者は衝撃に言葉を失った。

 「宮崎ブランドの中心をなす種牛を失い、誠に残念」。22日未明、宮崎県庁で記者会見した県農政水産部幹部は、落胆の色を隠せなかった。

 忠富士の遺伝子検査で陽性反応が出た20日、高島俊一・同部長は「間違いであってほしい」とよく眠れなかったという。しかし、21日には動物衛生研究所の再検査で「クロ」の判定が出た。

 6頭は、県内で人工授精に使われる冷凍精子の9割を占め、口蹄疫から宮崎ブランドを立て直していく最後のとりでだった。中でも忠富士はその4分の1を供給する「スーパー種牛」候補だった。

 6頭は国の特例で13日、それまでいた同県高鍋町の県家畜改良事業団から北西に約24キロ離れた同県西都市の標高約700メートルの簡易牛舎に移された。周囲5キロに畜産農家はない。牛舎は2メートル四方の部屋が七つあり、それぞれ高さ3メートルの木板で仕切られ、接触はなかった。神経質だった忠富士は、残りの5頭とは1部屋を置き一番北側の部屋で飼われていた。1頭に1人ずつ世話人が付き、観察を続けていたという。

 県は、事業団からの移動時期が遅れたことが致命的だったとみている。「事業団にいる時に感染した可能性が高く、結果として移動の時期が遅すぎた」。農政部幹部は認めざるを得なかった。

 せめてもの救いは他の5頭によだれなどの口蹄疫特有の症状がなく、20日採取の遺伝子検査でも陰性で、さらに1週間経過観察を続けることを国が了承したことだ。しかし、同部の押川延夫次長は5頭の感染について「厳しいとは思う」と表情を曇らせた。

 種牛を育てるには通常、約7年かかるといわれる。県によると、冷凍精子のストックは1年分はあるが、「その次の年からは供給できない。(他の5頭感染なら)宮崎の畜産は壊滅だ。30〜40年かけて築いてきた財産が水泡に帰す」(押川次長)という。【古田健治】

 ◇「だめじゃないか」と宮崎県に抗議電話

 宮崎県で生まれた肉用牛は各地のブランド和牛の「元牛(もとうし)」として全国に出荷されている。

 佐賀県畜産課によると、同県の肥育農家約280戸が出荷する肉牛の14%が元は宮崎県産。そのうち数割が高級牛「佐賀牛」になる。種牛に感染が広がったことを受け、同課の担当者は「子牛の仕入れ先は鹿児島をトップに南九州が中心。壊滅的とまではいかないが影響が出るのは必至。これ以上広がらないことを願うばかり」と話した。

 宮崎県畜産課には早朝から、種牛への感染について「だめじゃないか」などと、県内外から抗議の電話がかかっているという。

 宮崎県内の種牛の選抜に詳しい原田宏・宮崎大副学長(家畜育種学)は「候補の精子で試験種付けをして1年後に子牛が生まれ、さらに1年間育てないとその肉質を調べることができない。質が良ければ種牛になるが、相当な時間がかかる。鹿児島や北海道と共に日本の食肉を支えてきた宮崎の牛がごそっとなくなる影響は計り知れない」と指摘する。

【関連ニュース
口蹄疫:22日からワクチン接種…補償案受け入れ
口蹄疫:宮崎発着の航空券変更など手数料取らず 全日空
口蹄疫:「殺処分奨励金」評価全額支払い方針 農相が表明
口蹄疫:宮崎県西都市でも新たに感染の疑い 2市4町に
口蹄疫:新たに疑い例処分は約13万頭に

水島信金職員、1億円超着服=発覚後連絡取れず―岡山(時事通信)
日韓首脳が電話会談(時事通信)
女装し公然わいせつ、自衛官逮捕=店員に下半身露出―茨城県警(時事通信)
<警察犬>「アボイン」3度目の挑戦で合格(毎日新聞)
乳児虐待、両親を逮捕=傷害容疑、頭骨骨折など―大阪府警(時事通信)

三社祭でスリ「体力衰え、雑踏転向」の70歳(読売新聞)

 東京浅草の三社祭(14〜16日)の見物客から財布を盗んだなどとして、警視庁は17日、東京都台東区日本堤2、無職三戸康司容疑者(70)ら男女計3人を窃盗や窃盗未遂の疑いで現行犯逮捕したと発表した。

 逮捕は15、16日。主催者発表によると、三社祭は3日間で昨年より約17万人多い約162万人の人出を記録。同庁はスリが多発する恐れがあるとみて警戒を強めていた。

 発表によると、三戸容疑者は15日午後1時20分頃、同区の浅草寺境内で、神輿(みこし)を見学していた男性(61)のズボンの尻ポケットから現金8000円入りの財布を盗んだ疑い。

 他の2人は財布を盗もうとした瞬間を捜査員に見つかり、窃盗未遂容疑で現行犯逮捕された。

 三戸容疑者は約50年前から電車内でのスリを専門にしており、同庁の捜査員の間では名を知られた存在だったという。調べに対し、「最近は体力の衰えから、雑踏でのスリに切り替えていた」と供述しているという。

月内閣議了解「決意変わらず」=社民反対に首相―普天間(時事通信)
「黒澤明記念館」建設を事実上断念(読売新聞)
普天間移設 政府原案「辺野古周辺」明記(毎日新聞)
県内移設は「狂気の沙汰」 与党・社民議員、官邸前で前代未聞の演説(産経新聞)
<国家公務員>一般職の新規採用者数確定見送り 大臣折衝も(毎日新聞)

高齢者マンション入居一時金詐取、「24時間介護」言葉巧みに/神奈川(カナロコ)

 「介護付きでヘルパーが24時間対応する」「市内の病院へは無料で送迎」「一時金を払えば、食費以外の費用はかからない」―。

 神奈川県などによると、コスモス社長の山崎辿容疑者(63)はサン・オリーブを見学した高齢者を言葉巧みに勧誘。買い物を手伝うなどして信用させる一方、「空きが少ない。決めた方がいい」などとせかし、老後の安心や親の介護にと入居を考えた人たちと次々と契約を結んだ。1200万円を支払った契約者もいるという。

 入居時期についての説明もでたらめで、90代女性は「2008年4月」、70代女性は「08年8月」と聞いていたが、電気やガスは今も通っていない。近くに住む女性(49)も「建設現場の横断幕はオープン予定の日付が書き換えられた後、取り外された」と明かす。

 同社などの家宅捜索が行われた6日、ある女性契約者の関係者は「本人はこれ以上トラブルに巻き込まれたくない、と話していた」と悔しい思いを代弁した。

【関連記事】
高齢者向けマンション入居一時金を詐取、疑いで秦野の建築会社社長ら逮捕/神奈川県警
特養待機
高齢者らに強引な勧誘、住宅リフォーム業者に業務停止命令/神奈川県
女性と貧困
安否確認に訪れた女性援助員の下半身を触るなどした疑い、69歳の容疑者逮捕/横浜

みんなの党「四十七士大作戦」 埼玉と千葉に候補者(産経新聞)
新種の翼竜化石発見=あごに多数の歯−米大学(時事通信)
米国で「第五福竜丸」元乗組員が被曝体験語る(読売新聞)
激動の昭和を見続けた近衛文麿の居住宅 東京・荻窪の荻外荘(産経新聞)
旧「しらせ」が第二の船出=気象会社の環境観測拠点に−千葉(時事通信)

“犬猿の仲”も歩み寄り? 空港問題で橋下知事と井戸知事 (産経新聞)

 関西国際、大阪伊丹)、神戸3空港の一元管理を目指すとの合意文書をまとめた12日の「関西3空港懇談会」。報道では、伊丹廃港論を唱える大阪府の橋下徹知事と、これに反発する兵庫県の井戸敏三知事の対立ばかりがクローズアップされたが、紛糾した会合の終盤では、両者が微妙に歩み寄ろうとする場面も見られた。

 もともと、橋下知事は一元管理案には懐疑的で、この日の会合でも当初から「長期的に存廃の判断をする空港として伊丹、神戸と明記すべきだ」と主張。

 これに対し、井戸知事は「関空を維持するためにどれぐらいのお金が掛かっているのか。関空だって(存廃の)可能性はある」と反発した。

 ところが終盤になると、懇談会座長の下妻博・関西経済連合会会長や他の首長らが両者をなだめに掛かった。

 「存廃問題に関空は除かれるんでしょう。それだけは明記すべきだ」とこだわる橋下知事に対し、和歌山県の仁坂吉伸知事が「文面を読めばそうとしか解釈はできないでしょう」と説得。

 下妻会長も「関空をハブ(中核空港)にするための会議なんだから…。それぞれの政治的立場もあるから、あえて(空港の)名前を隠した」と議論を収めようとしたが、橋下知事は「あいまいのままでは国を説得できない」と首を縦に振らなかった。

 むしろ、かたくなだった態度を少しずつ軟化させたのは、井戸知事の方だった。

 関空は存廃の対象にならないという橋下知事の主張に対し、「論理的にはそうだろうと思う」「内陸空港の伊丹には限界もある。だけど、(存廃の対象として)確定してしまうのは反対」と微妙な言い回しながらも、「関西の総意」に歩み寄る姿勢を示した。

 それでも、空港名の明示にこだわる橋下知事に対し、下妻会長は「井戸さんも論理的には分かっておられるが、政治的立場もある。(明示しないのは)惻隠の情だ」と予定の1時間を倍近く費やした会合を締めくくった。

 会合後、大阪市の平松邦夫市長は、橋下知事の“駄々っ子”のような対応を批判した。会合に出席したある関係者は「井戸さんに、伊丹空港の限界を認めさせただけでも大金星。橋下さんもあそこで矛を収めるべきだった」と振り返る。

 これに対し、大阪府の幹部は「一元管理をまったく評価していなかった橋下知事ですが、『空港名さえ入れてくれれば合意する』と言ったことは相当の妥協だと思う」と解説する。

 仁坂知事も13日の記者会見で、「橋下知事の悲痛な叫びはよく分かるし私も全く賛成。しかし、悲痛すぎてついていけない人もいる」と同情を示した。

 結局、玉虫色の合意文書と揶揄(やゆ)されたが、財界幹部は「老獪(ろうかい)な井戸知事と、悍馬(かんば)のような橋下知事をあそこまで歩み寄らせた下妻氏の手腕は見事。あと一歩だった」と評価する。

 財界の存在意義の1つは、利害関係の複雑な関西自治体の調整役だ。関西広域連合、大阪府・市の再編論議…。課題は山積している。住友金属工業の「中興の祖」と称えられる下妻会長の“豪腕”が試されている。

【関連記事】
「商機あふれる大阪つくる」大商・佐藤新会頭インタビュー
関空の財務改善 国への異なるアプローチ
橋下知事「不要なら廃港にして」 伊丹の民間委託案を歓迎
関空&伊丹、一体化で民間委託案 国交省戦略会議で浮上
あいまい結論 大阪と兵庫、亀裂生んだ「関西3空港懇談会」
外国人地方参政権問題に一石

飲食店にガソリンまき放火 容疑の男ら逮捕(産経新聞)
顧客情報でインサイダー容疑、元銀行員逮捕へ(読売新聞)
法曹人口「ペースダウンを」=時効撤廃には慎重−日弁連会長(時事通信)
<掘り出しニュース>東京・調布に「鬼太郎公園」誕生 看板は水木さん筆(毎日新聞)
東京都練馬区の弁当店に強盗 60万円奪われる 警視庁行方追う(産経新聞)

中国艦艇、現在も沖ノ鳥島近海に 防衛政務官(産経新聞)

 防衛省の長島昭久政務官は20日午前の参院外交防衛委員会で、10日に沖縄近海を通過した中国艦艇のその後の動向について「沖ノ鳥島(東京都小笠原村)の西方海域で引き続き活動している」と述べ、艦艇が同島の近海にいることを明らかにした。その上で、「自衛隊の艦艇や航空機が必要な警戒監視体制を継続している」と述べた。

  [フォト]沖ノ鳥島近海に「本格進出」 中国海軍が長期演習

 一方、中国艦艇が同島を1周するように航行していた問題には「防衛省として事実は確認していない」と述べるにとどめた。佐藤正久氏(自民)への答弁。

【関連記事】
沖縄通過の中国艦艇、その後に沖ノ鳥島近海へ
防衛省、中国艦艇通過で警戒・監視を継続
戦略概観 中国が地球規模の大国に台頭
増強中国 「2位」の脅威
中国の「沖ノ鳥島は岩」に対抗を 国交相講演

<神埼市長選>松本氏が再選 佐賀(毎日新聞)
首相動静(4月19日)(時事通信)
「教習所行ったが…」20年無免許運転の男逮捕(読売新聞)
<野菜高騰>スーパーは出血覚悟の「大放出セール」(毎日新聞)
船体に赤い塗料 妨害つめ跡 調査捕鯨母船が帰国(産経新聞)

ドミノ・ピザに強盗、捕まえてみれば元社員(読売新聞)

 警視庁は12日、東京都足立区江北4、自称会社員野村恭介容疑者(25)を強盗と建造物侵入容疑で逮捕したと発表した。

 発表によると、野村容疑者は昨年12月14日午前10時頃、同区西新井本町2の「ドミノ・ピザ西新井店」に押し入り、女性店長(23)にナイフを突きつけて脅し、金庫から現金約110万円などを奪った疑い。野村容疑者はドミノ・ピザの元社員で、西新井店にも3年ほど勤務したことがあり、「消費者金融などに約300万円の借金があった」などと供述しているという。

<宮崎家族3人殺害>奥本容疑者 妻と義母殺害容疑で再逮捕(毎日新聞)
<三浦和義さん>妻が産経などを提訴 名誉棄損で(毎日新聞)
井上氏、たちあがれ日本は「参院選に影響なし」(産経新聞)
阿久根市長不信任案提案へ「市長派市議がなぜ」(読売新聞)
赤いシャボン玉を公開=長女の夢、山崎さんが宇宙で(時事通信)

自民、5月決着先送りなら首相退陣を=普天間で与野党幹部が論戦(時事通信)

 与野党の幹部は4日、NHKの番組に出演し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり論戦した。自民党の茂木敏充幹事長代理は5月末までに決着しなかった場合について「(退陣は)当然だ。退陣しないなら国民に信を問うべきだ」と述べ、鳩山由紀夫首相の退陣か衆院解散・総選挙を要求した。公明党の高木陽介幹事長代理も「責任を取るのは当然だ」と強調した。
 これに対し、民主党の細野豪志副幹事長は「首相が5月と強調しているから、それが区切りなのは間違いない」とした上で、首相の対応を見守る考えを示した。
 社民党の重野安正幹事長は移設先について「(県外を)追求してもらわないと困る。問題は沖縄県民の支持を得ているかだ」と指摘。国民新党の自見庄三郎幹事長は「キャンプ・シュワブ陸上案をわが党は提示している。首相が5月末まで決めると信頼している」と語った。 

【関連ニュース
移設先「閣僚で合意ある」=岡田外相
首相と小沢氏、3日に会談
普天間移設で詰めの協議=首相と関係閣僚が会談
地元の了解「政府に任せて」=岡田外相、米国防長官に約束
北沢防衛相「頭越しに決めない」=普天間で沖縄知事と会談

<NOVA>猿橋元社長の特別背任は不起訴 大阪地検(毎日新聞)
サントリー音楽賞 09年度は指揮者の大野和士さんに(毎日新聞)
<耐震偽装>大阪の建築士手がけた119物件調査 国交省(毎日新聞)
邦夫氏の不参加確認 平沼氏、新党結成で(産経新聞)
変わる百貨店の物産展 ネット通販と連携、格安弁当も(産経新聞)

「総合学科」約20%の教員が否定的 現役高校教諭が調査(産経新聞)

 文部科学省が平成6年に、一部の高校で導入した普通学科と専門学科を合わせた「総合学科」について、総合学科を設置する高校の教員の20%近くが教育的効果について否定的であることがわかった。同学科の課題を独自調査した高校教師で京都大学大学院教育学研究科の小木充研究生が30日、発表した。

 昨年8月から約1年間、全国の総合学科高校計334校に聞き取りやアンケート調査を実施した。

 計559人の教員に対するアンケート調査では、約20%が同学科の教育的効果について「否定的」と回答。理由として「楽な選択科目を生徒がとる傾向がある」や「専門的な知識をもった教員が不足している」などが上がったという。

 さらに、うち16校への聞き取り調査で、進学校では受験に必要な科目を優先させたい保護者の要望から、選択科目数が少ないことが明らかに。8科目しかないケースもあり、小木研究生は「それだけの選択科目だと、普通学科と教育内容はほぼ変わらない」と指摘。文科省が総合学科導入に必要な選択科目数を決めていないことを挙げ「見直してほしい」としている。

【関連記事】
品質プロ並み、授業でワイン造り 長野県立高
大阪府立高無償化へ差額を府負担に 橋下知事
携帯メールで“出店案”授業 大阪の高校
国歌斉唱不起立で教諭4人を懲戒処分 大阪府教委
小学教科書検定 伝統文化尊重、ページ数増で「ゆとり」決別
あれから、15年 地下鉄サリン事件

傷害容疑で追送検=反捕鯨のSS活動家−海保(時事通信)
<将棋>清水女流王位・女流王将が秋にコンピューターと対戦(毎日新聞)
「和解勧告受け入れ、協議開始を」―全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団(医療介護CBニュース)
重度障害者 脳波で意思表示 産総研が開発(毎日新聞)
参院選公約「財源優先を」=民主研究会で相次ぐ(時事通信)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。